ベースフード

完全食ベースフードがコンビニで買えるって本当?店舗から種類まで

ベースフード コンビニ

BASE FOOD(ベースフード)に興味はあるけれどネットで購入するのは意外と面倒だったりしますよね。実はベースフードの内、BASE BREAD (ベースブレッド) とBase Cookies (ベースクッキー)はコンビニで購入することができます。

この記事では実際にベースフードを利用している筆者が、ベースフードが買えるコンビニや購入できる種類について解説します。

こんな人にオススメ

 ・ネットで注文するのが面倒な人

 ・コンビニでベースフードを買いたい人

 ・ベースフードを1個ずつ購入したい人

ベースフードが気になった方は、お得なクーポン情報をまとめたコチラの記事をご覧ください。

>>【ベースフードのクーポン情報】20%割引で購入する方法

ベースフードはコンビニでも買えるの?

ベースフードは首都圏のコンビニで購入することができます

ベースフードスターターセット
参照元:公式サイトhttps://shop.basefood.co.jp/

ベースフード(BASE FOOD)とは、1食で必要とされている栄養素がパン・パスタだけでとれてしまう完全栄養食※です。また小腹が空いたときにありがたい個包装のクッキーもあります。

※栄養素等表示基準値(18歳以上、基準熱量2200kcal)に基づき、1日分の基準値の1/3を1食とした場合

ベースフードの中でも特に手軽なBASE BREAD(ベースブレッド)がファミマ‼!関東41店舗で、BASE Cookiesが首都圏にあるファミリーマートとナチュラルローソン合わせて約1,450店舗で買うことができます。

 

コンビニで手に入るベースフードの種類

ベースブレッド
・ベースブレッドプレーン:¥237(税込)
・ベースブレッド チョコレート:¥248(税込)
・ベースブレッド メープル:¥259(税込)
・ベースブレッド シナモン:¥259(税込)
※上記は1袋の価格です。2袋1食分の栄養素をとることができます。
※在庫状況によっては店頭にない場合があります。
ベースクッキー
・ベースクッキー ココア:194円(税込み)
・ ベースクッキー アールグレイ:194円 (税込み)

 

コンビニ食とベースフード、栄養に大きな差あり

ベースフードは1食に必要な栄養素がまかなえる完全食です。たんぱく質、ビタミン、食物繊維など26種類の栄養素が入っており、コンビニで揃える食事よりも栄養バランスがととのっています

 

以下はコンビニでサンドイッチ、野菜ジュース、ヨーグルトと揃えた食事とベースブレッドの栄養素を比較した図です。(※価格は公式サイトから継続コースで購入の場合初回312円、2回目以降351円)。特に不足しやすいたんぱく質、食物繊維、ビタミンB2、カルシウム、鉄がピックアップされています。

コンビニ食とベースフード
コンビニ食とベースフード
参照元:公式サイトhttps://shop.basefood.co.jp/

違いは一目瞭然ですね。

コンビニで必要な栄養素を揃えるには、組み合わせを考える手間とコストがかかります。一方でベースブレッドならば約250円のパンを2個買うだけで栄養がそろっており、非常に便利です。

また、ベースクッキーは一般的なクッキーに比べて糖質が30%オフなので糖質制限中にも楽しむことができます。

 

ベースフードはコンビニで購入可能

コンビニイメージ

ベースフードをコンビニで買えるというお得情報をお届けしました。

ベースフードが購入できるコンビニ

BASE BREAD(ベースブレッド)

・ファミマ‼!関東41店舗

BASE Cookies

・首都圏にあるファミリーマートとナチュラルローソン合わせて約1,450店舗

かんたんに栄養がまかなえるベースフードはコンビニ飯が多い忙しい人にピッタリです。

コンビニでは1個から購入可能ですが、少し割高になってしまいます。

また買いたい!と思った場合は公式サイトの継続コースが1番お買い得です。

なんと初回20%OFF、2回目以降も10%OFFで購入することができます

ぜひ、チェックしてみてください。

>>【ベースフードのクーポン情報】20%割引で購入する方法

ABOUT ME
三樹 彩夏
サウナにハマった管理栄養士。 週2回以上サウナに通い、サウナをよりヘルシーに楽しむための「#管理栄養士のととのうサ飯」を発信中。普段はフリーランスとして執筆活動、オンライン食事指導、ダイエットサポート、イベント講師などを通して食事の大切さを伝えている。 特技はどこでも寝れること。