ベースフード

ベースフードダイエットを2年以上続けて5kg痩せた体験談

ベースフード ダイエット
  • ベースフードって本当に痩せられるの?
  • ベースフードでダイエットをするときのコツは?

この記事ではベースフードのダイエットに関する疑問にわかりやすくお答えします!

ベースフードの商品は体に必要な栄養素が幅広く含まれている「完全食※」です。

ベースフードでは以下のような、様々な種類の完全食を発売しています。

  • パスタ型の完全食「BASE PASTA(ベースパスタ)」
  • パン型の完全食「BASE BREAD(ベースブレッド)」
  • クッキー型の完全食「BASE Cookies(ベースクッキー)」

私は現在までにベースフードを2年以上継続的に利用しています

私の体重はベースフードを利用開始する前と比べて、5kg以上の減量に成功しました

「ダイエットのためにしたこと」といえば、1日3食のうちの1食をベースフードに置き換えることのみです。

  • 厳しい食事制限
  • キツいトレーニング
  • 怪しいサプリメント

これらの「ダイエットにありがちなこと」は一切していません。

ベースフードはダイエットに使えるのか?どうやって食べれば痩せるのか?

これらの疑問について、私の体験談と一緒に詳しく解説します!

ベースフードの購入を考えているかたは、ぜひ参考にしてくださいね。

※栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づき、1日分の基準値の1/3を1食分とした場合

ベースフードが気になった方は、お得なクーポン情報をまとめたコチラの記事をご覧ください。

>>【ベースフードのクーポン情報】20%割引で購入する方法

ベースフードで5kg痩せた!私がダイエットを始めた理由

高カロリーなラーメン

ベースフードの利用を始める以前の私は健康に対する意識が低く、毎日の食事も適当に済ませていました

カレー・ラーメン・牛丼など、高カロリーなメニューを毎日好きなだけ食べるような食生活です。

それでも私の体重は急激に増加することもなく、65kg前後を長年キープしていました。

しかしある日、久しぶりに体重計に乗ってみたところ、体重が「69.5kg」まで増加していました。

「このままだと70kgを超えてしまう…」

その事実に恐怖を感じて、ついに私はダイエットを始めることを決心しました。

そして「ダイエットに便利な食材はないか」と探しているときに、ベースフードの存在を知ったのです

その後はベースフードの「継続コース」を利用して、3食のうちの1食をベースフードに置き換える「ベースフードダイエット」を開始します。

すると体重は少しずつ減少していき、1年後には64.5kg(-5kg)まで体重が減りました

ダイエットの期間中、厳しい食事制限やキツいトレーニングは一切していません。

毎日の食事の1食をベースフードに置き換えるだけで簡単に痩せることができました。

その後も私はベースフードの利用を継続していて、現在の体重は62〜63kgあたりをキープしています。

ベースフードを食べ続ければリバウンドの心配もなく、健康的な食生活を維持する事ができます。

ベースフードで痩せたいなら「ベースブレッド」がおすすめ

ベースブレッド

ベースフードでは様々な種類の完全食が発売されています。

  • パスタ型の完全食「BASE PASTA(ベースパスタ)」
  • パン型の完全食「BASE BREAD(ベースブレッド)」
  • クッキー型の完全食「BASE Cookies(ベースクッキー)」

ベースフードをダイエットに利用する場合、この中でも特におすすめは「ベースブレッド」です

ベースブレッドは低カロリー・低糖質な完全食ですが、味も食感も「普通のパン」なので毎日食べても飽きません。

また、電子レンジで30秒ほど温めれば食べられるので、毎日簡単に食べ続けられることも大きな特徴です。

ベースブレッドを活用した食事例
朝食:ジャムをつけて手軽に食べる

昼食:ハムや野菜を挟んでサンドイッチにする

夕食:カレーやスープと一緒にしっかり食べる

ベースブレッドは「調理が簡単なパン型の完全食」なので、様々な食事場面で活用できます。

パスタ型の完全食「ベースパスタ」も数分間茹でるだけで手軽に食べられますが、麺を茹でるためにお湯を沸かす必要があります。

一方、ベースブレッドの調理は電子レンジで温めるだけなので、ベースパスタよりも手軽に食べることが可能です。

ネット上の口コミでも「ベースブレッドは調理が簡単で便利」という意見が数多く見つかりました。

ダイエットではカロリーや栄養成分はもちろん重要ですが、「毎日手軽に続けられること」も大切です

ベースフードでダイエットをするなら、レンジ調理で手軽に食べられるべースブレッドをおすすめします。

ベースブレッドについては、ベースフードのパンは本当にまずい?実際に食べた感想と口コミ・評判を徹底解説!で詳しく説明しています。

ベースフードのダイエットに役立つ5つのポイント

ベースフードのパン(ベースブレッド)がダイエットに効果的なポイントとして、以下の5つが挙げられます

  1. 普通のパンよりも低カロリー・低糖質
  2. カロリーを計算する習慣が身につく
  3. お腹に溜まるので満足感が大きい
  4. 調理がラクなので毎日続けられる
  5. ベースブレッド以外の健康的な食材にも興味が湧く

ベースフードでダイエットをするときは、この5つのポイントを常に意識することが大切です

ここからは各ポイントについて詳しく解説します。

1.普通のパンよりも低カロリー・低糖質

ベースブレッドプレーン・チョコレート

ベースブレッドは普通のパンよりも低カロリー・低糖質なことが大きな特徴です。

ベースブレッドプレーンの場合、1個あたりのカロリーは205kcal、糖質は20.7gが含まれています。

普段食べている食パンや菓子パンをベースブレッドに置き換えるだけでも、簡単にカロリーと糖質を抑えることが可能です

また、ベースブレッドは低カロリー・低糖質ですが、味はとてもおいしいです!

風味や食感も普通のパンと変わらないので、毎日の主食として食べ続けることができます。

ベースフードの糖質については、ベースフードの糖質は?糖質控えめで必要な栄養素はコンプリート!という記事で詳細に説明しています。

2.カロリーを計算する習慣が身につく

様々な食材のカロリーがわかるようになる

ベースブレッドダイエットを始めると、毎日食べている食事のカロリーが気になり始めます

例えば、私はベースブレッドプレーンに「無印良品のバターチキンカレー」をつけて食べるのが好きなのですが、この2つの合計カロリーは以下の通りです。

ベースブレッドを使った食事例
・ベースブレッド プレーン:205kcal
・無印良品 バターチキンカレー:260kcal

合計:465kcal

ベースブレッドダイエットを始める前の私は、毎日の食事のカロリーを一切気にしていませんでした。

よく食べるメニューといえばカレー・ラーメン・牛丼など、高カロリーものばかりです。

しかし、ベースブレッドダイエットを始めると食事のカロリーが気になり始めて、高カロリーなメニューはできるだけ控えるようになりました

食事のカロリー計算はダイエットに必要不可欠です。

ベースブレッドを毎日食べ続けていると、食事のカロリーを計算する習慣が身につきます

ベースブレッドのカロリーについては、ベースフードのカロリーは?1食400~500kcal|管理栄養士が徹底解説!という記事で詳細に説明しています。

3.お腹に溜まるので満足感が大きい

ベースブレッドシナモン・メープル

ベースブレッドは原材料として全粒粉・大豆・米ぬかなどを使用しています。

そのため、ベースブレッドは普通のパンよりも食べごたえと満足感があり、1袋食べるだけでも意外とお腹に溜まります

普通の食パンや菓子パンは腹持ちが悪く、食べてもすぐにお腹が減ってしまうことも多いです。

実際、以前の私は昼食を食べた3時間後には空腹感を感じてしまい、3時のおやつとしてチョコレートやポテトチップスをよく食べていました。

しかし、昼食としてベースブレッドを食べ始めてみたところ、食後の満腹感が長続きするようになり、3時のおやつを食べる必要がなくなりました

腹持ちがよくて満足感の大きいベースブレッドは、ダイエットの強い味方になります。

4.調理がラクなので毎日続けられる

電子レンジで温めるだけで簡単に食べられる

ダイエットにおいて大切なことは「長期的に無理なく続けられること」です。

例えば、ダイエットを1ヶ月だけ頑張って2kg痩せたとしても、翌月に3kg太ってしまったのでは意味がありません。

また、どれほど健康にいい食材でも、調理が大変だと毎日食べ続けるのが面倒になってしまいます。

ダイエットに使う食材は「毎日調理しても面倒に感じないこと」が重要です。

その点、ベースブレッドの調理は電子レンジで30秒ほど温めるだけなので、簡単に毎日食べ続けることができます。

私は2年以上前にベースブレッドダイエットを開始して以来、現在も継続中です。

その結果、5kg以上痩せたあともリバウンドすることなく、62〜63kgあたりの体重をキープすることができています。

私がベースフードダイエットを長年継続できている理由は、ベースブレッドの調理がとても簡単だからです

ベースブレッドの調理はレンジで温めるだけなので、鍋でお湯を沸かしたり、食べる前に解凍したりする必要がありません。

レンジ調理だけで手軽に食べられるベースブレッドは、長期的なダイエットに最適な食材です

5.ベースブレッド以外の健康的な食材にも興味が湧く

ブロッコリーと健康的な食材

食事に対する意識が変わることもベースブレッドダイエットの大きなメリットです。

ベースブレッドダイエットを始めると、体にいい食材・ダイエットに効果的な食材に対して興味が湧くようになります

ベースブレッドダイエットを始める前の私は、食事の栄養バランスをまったく気にしていませんでした。

そのため、毎日の食事はカレー・ラーメン・牛丼などの高カロリーなメニューが中心で、健康的な食生活とはかけ離れていました。

しかし、ベースフードを利用し始めてからは食事に含まれる栄養素が気になり始めて、ダイエットに効果的な食材について調べるのが楽しくなりました

そのため、ブロッコリーや鳥のささ身など、以前はまったく食べなかった食材も食べるようになりました

ベースフードは食事の栄養バランスだけでなく、食事に対する意識も改善してくれます。

【注意】ベースフードに「痩せる成分」は含まれていない

高カロリーなドーナツを食べる女性

ベースフードダイエットを始める前に注意するべきことは、ベースフードの商品に「痩せる成分は含まれていない」という点です。

以下のような「ダイエット食品によくある効果」は、ベースフードの商品には含まれていません

  • お腹の脂肪を落とす
  • 脂肪や糖の吸収を抑える
  • 血糖値の上昇を抑える

そのため、何も考えずにベースフードを食べて続るだけでは、痩せられない可能性がとても高いです。

普段の食事の栄養バランスをよく考えながら、ベースフードの完全食を賢くダイエットに活用しましょう。

まとめ:ベースフードで無理せず簡単に痩せよう!

ベースフードの商品ラインナップ

今回は「ベースフードは痩せるのか」という疑問について、私の体験談と一緒に解説しました。

結論としては、ベースフードは上手く活用すればダイエットにとても効果的な食材です

ベースフードの食材は低カロリー・低糖質なので、普段の食事をベースフードに置き換えるだけで簡単に痩せることができます。

しかし、ベースフードには「脂肪を落とす効果」や「糖の吸収を抑える効果」はありません。

あくまでも「ダイエットに役立つ食材」だという点をよく理解した上で利用しましょう。

私はベースフードダイエットを始めたことにより、70kg近くあった体重を約1年間で64.5kgまで落とすことに成功しました

また、2年以上経過した現在でもベースフードを食べ続けていて、62〜63kgあたりの体重をキープできています。

  • 無理な食事制限はしたくない
  • キツいトレーニングはしたくない
  • 怪しいサプリは使いたくない

そんな人たちには、普段の食事をベースフードに置き換えるだけの「ベースフードダイエット」がおすすめです

無理なく簡単に痩せられる「ベースフードダイエット」をぜひ試してみてください!

ベースフードを最安値でお試しするなら「継続コース」を利用するのが一番お買い得です

公式サイトの「継続コース」に申し込めば、初回特典として20%オフの値段で購入できます。

ベースフードが気になった方は、お得なクーポン情報をまとめたコチラの記事をご覧ください

>>【ベースフードのクーポン情報】20%割引で購入する方法

ABOUT ME
森田 連
健康食品には目がない在宅系webライター。 毎日ベースブレッドを食べながら自宅で健康グッズを漁っています。 健康維持に役立つ商品の魅力をわかりやすくお伝えします。